神奈川県綾瀬市の交通事故治療ならまなて接骨院(整骨院・整体)まで
綾瀬市のむち打ち(ムチウチ)治療>まなてニュース/お知らせ blog ブログ

まなてニュース/お知らせ blog ブログ

丈夫な骨を保ち続けるには?パート2 // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

前回は運動することが骨を強くする事を説明しました。
 
 

では今回はカルシウムとビタミンの関係についてです
 
 

カルシウムはビタミンDの働きで小腸に吸収されやすくなります。
 
 

ビタミンDは魚やキノコに多く食事でもとれますが、
 

体内でも皮膚が紫外線に当たるとビタミンDが作られます

 

普段は特に女性からは犬猿されている紫外線ですが、

骨の弱る高齢者や成長期の子供は

多少は日光に当たったほうが良いといえるでしょう

 

さらにビタミンDがこうした働きをするためには肝臓を経て
 

腎臓で活性型に変化する必要があります。
 
 

つまりカルシウムを食べたとしても同時にビタミンD、

そして健康な胃と肝臓と腎臓がないとあまり吸収できないのです

 

高齢者の骨が弱いのは歳をとって胃や腎機能が衰えることも一因です。
 
 

また、すでに寝たきり中心の生活を送っていたとしても

ベッド上でなるべく体を動かしカルシウムやビタミンを多めに摂る、

窓際で日に当たるなど試みて骨折しない体作りをしていきましょう

 


~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
丈夫な骨を保ち続けるには? // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

お年寄りが転倒して骨折し、そのまま寝たきりに・・・
 

そんな事態はぜひとも防ぎたいものですよね
 
 

骨というのは力のかかる方向に強くなるように常に作り替えられているので、
 

骨に力がかからない生活を送っていると弱くなってしまいます

 

だから寝ている時間が長く体に負荷がかからない生活は、
 

骨をボロボロにしてしまう恐れがあります
 
 

運動することが骨を強くする基本で、骨の作り替えを進める成長ホルモンも

運動すると多く放出されます


またカルシウム不足でも骨はもろくなってしまいます
 

しかし食品中のカルシウムの多くは胃酸でよく溶かさないと吸収できず
 

吸収率も決してよくありません。
 
 

そこで重要なのがビタミンDです
 
 

次回はカルシウムとビタミンの関係についてお話していきましょう



 ~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
食生活が引き起こす秋バテとは? // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

ではさっそく前回の続きです

 

胃の秋バテはガストリンという物質が関係していて
 

冷たい物や脂っぽい物がガストリンの分泌を増やし
 

自律神経の働きを低下させてしまいます

 

暴飲暴食はもってのほかで、食べてすぐ寝たり
 

空腹時にお酒やコーヒーを飲むのも胃に負担を
 

かけるので注意が必要です

 

そして胃の秋バテ解消法ですが、白湯をコップ1杯飲むと効果的だそうです。

 

白湯を飲むことで胃腸が温まり血液循環が良くなります。

 

その結果、体温が上がり代謝や免疫力が高まって不調が改善します

 

秋バテは放っておくと冬にまで不調を持ち越しかねません。

 

入浴や適度な運動、そして朝1杯の白湯を飲み秋バテの解消や予防に
 

つとめてみてください
 

~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
食生活が引き起こす秋バテとは? // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

前回はガストリンが胃の秋バテに関係しているところまで
 

お話しました。

 

そして食べ過ぎによるガストリンの作用によって
 

胃液が出過ぎると食道に逆流し胸焼けが起こります。

 

また腸に胃液が流れていくと、胃の動きを止めるような指令が
 

出されるそうです。

 

腸は本来、胃液を中和させる働きを持っていますが
 

胃液が多くなると中和が間に合わず危険を感じて
 

胃を止めるよう働きかけます。

 

実は胃もたれは腸が出す命令を脳が不快に感じ
 

引き起こされています。

 

特にたんぱく質や脂質の多い物を食べると
 

ガストリンがすぐに増加し胃液が出過ぎてしまいます。

 

暑いからといって夏に冷たい物を摂りすぎ、
 

気づかないうちに胃のダメージが蓄積し
 

秋にあぶっらっぽい物を食べ過ぎることによって
 

弱った胃に胃液が押し寄せ、つらい胃もたれや胸焼けを引き起こしてしまいます

 

ではそんな胃の不調を改善する方法は次回にお話しします



~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
食生活が引き起こす秋バテとは? // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

秋バテは冷たい物を摂り過ぎる事にも関係しています。

 

胃の秋バテの原因のひとつに夏の冷たい物の摂り過ぎが
 

考えられます。

 

冷たい物による胃に起こる変化とは何でしょう?

 

通常、胃は食べ物が入ると胃液と混ざり合うように動きます。

 

しかし冷たい物が入ると血流が落ちたり異常な動きをします。

 

胃は冷たい物を摂ると胃の温度が体温の約37℃から
 

約25℃まで下がります。

 

そうすると血流が低下し胃の動きが鈍くなるのです。

 

さらに血流の低下が胃液の消化力にも影響を与えます。

 

つまり夏の冷たい物が胃の働きを低下させ、
 

その繰り返しが知らず知らずのうちに
 

胃にダメージを蓄積させてしまっているのです。

 

そして秋というと食欲の秋ですね

 

秋の食べ過ぎによって胃が活発になり過ぎる事でも
 

胃の秋バテに影響をあたえます。

 

食べ物が口に入ると放出される胃液の分泌を促すホルモンに
 

ガストリンという物質があります

 

このガストリンが胃液を必要以上に分泌させ胃の秋バテを引き起こします

 

続きは次回に…
 


~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アクセス

〒252-1132
神奈川県綾瀬市寺尾中1-1-40
PAT綾瀬1F

アクセス

tel

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

tel

フォームでのお問い合わせ