神奈川県綾瀬市の交通事故治療ならまなて接骨院(整骨院・整体)まで
綾瀬市のむち打ち(ムチウチ)治療>まなてニュース/お知らせ blog ブログ

まなてニュース/お知らせ blog ブログ

歩き方も腰痛の原因にパート2 // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

前回は正しい立ち方について説明しました。
 
 

今回は正しい歩き方についてです。

 

正しい歩き方とは、

膝を伸ばしてかかとから着地し、次に足全体をつけ

最後につま先で地面を軽くけります。

 

上体は立つときと同様あごを引いて肩の力を抜き
 

背筋を伸ばして腕は自然に振ります。

 

腹筋が弱い人やお腹に脂肪がついてる人は身体が前に傾きやすく
 

体の軸が前傾してしまいがちです。

 

これは腰椎の反りを引き起こし腰痛の原因にもなります

 

猫背に反りすぎ、どちらも腰痛が発生する要因なので
 

普段から正しい姿勢を意識しましょう
 



~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歩き方も腰痛の原因に // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

歩き方にも良い悪いがあり、悪い歩き方を続けていると
 

腰への負担が増え腰痛を引き起こす原因にもなります。

 

良い歩き方をするにはまず正しい立ち方をする必要があります。
 
 

正しい立ち方とは横から見て
 

耳の後ろ、腰椎の前、股関節、膝関節、くるぶしを結ぶ線が
 

垂直に真っ直ぐ伸びている状態です

 

このような正しい姿勢をとるには、あごを引いて肩の力を抜き
 

背中を伸ばし下腹と肛門を引き締めるようなつもりで立ってみてください。

 

次回は正しい歩き方についてです
 


~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
寝るときの姿勢も腰痛に影響を... // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

寝るときの姿勢、みなさんそれぞれ楽な姿勢があるかと思います。
 

どの姿勢が寝やすいかはともかく、


神経がもっとも緩むのは横向きに寝てエビのように腰と背中を丸めた姿勢です


そのためぎっくり腰など強い痛みのある時はこの姿勢が良いのです
 

立った状態と同じように脊椎が自然なS字カーブを
 

描くように寝るのが正しい寝方です。

 

仰向けで寝る場合は膝や足の下にタオル等を敷いて

膝から下を少し高くすると、よいカーブが保てます

ぜひ試してみてください

 

~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1日の寒暖差が7℃以上あると...Part2 // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

前回は寒暖差アレルギーについてでした。

 

今回はどのような人が寒暖差アレルギーになりやすいかについてです。

 

ではどんな人に注意が必要かというと
 

・女性で冷え性…男性に比べて筋肉量が少なく体温調節が難しい
 

・生活が不規則で睡眠不足…全身の血管に影響がでるため鼻の血管にも影響を与える

 

そして寒暖差アレルギーの症状がひどくなると
 

だるい、食欲が無い、頭痛・肩こり、下痢・便秘など全身に異常がでます

 

予防と対策としては
 

・カーディガンやひざ掛けを常備
 

・汗をかいたらすぐ着替え
 

・マスクを着用

 

上記の対応などでなるべく身体に寒暖差を


与えないようにすることがお勧めです

 

寒暖差は全身の血管に影響を及ぼすので
 

脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす要因にもなります。

 

特に朝の起きたては水分を取っていないため
 

通常よりも血液がドロドロの状態になっていやすく、
 

そのまま十分な水分を取らず寒暖差のある日には
 

脳梗塞や心筋梗塞を発症する恐れもあるので注意が必要です。

 

血液がドロドロの状態で血管が収縮すると血栓が出来やすいので
 

朝起きたら水分は取って、なるべく寒暖差を作らないよう工夫していきましょう

 
 

~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1日の寒暖差が7℃以上あると... // 綾瀬市の接骨院ならまなて接骨院へ

最近の気候は暖かいと思えば翌日は急に寒くなったりと、

寒暖差が大きい日が多く
 

疲れが溜まっている方も多いかと思います。

  

そして寒暖差が原因の鼻炎が、今増えているそうです

 

くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状があって
 

かぜかな?花粉症かな?などという人は、
 

もしかしたら寒暖差アレルギーの疑いがあるかもしれません。

 

これは正式には血管運動性鼻炎といわれています。

 

どのような仕組みで起こるかというと自律神経が関係していて
 

寒い→交感神経によって血管が縮まる

暑い→副交感神経によって血管が広がる

 

普段はこの自律神経の働きによってうまくバランスが保たれ
 

鼻の粘膜が正常に機能しています

 

しかし上手にバランスを保てるのは寒暖差約7℃ぐらいだそうです。

 

寒暖差が7℃以上あると鼻の粘膜に作用する神経のバランスが崩れ
 

血管の収縮や拡張がうまく働かずくしゃみや鼻水、鼻づまりがでてしまいます

 

次回は寒暖差アレルギーになりやすい人についてです

 

~~~◆交通事故後の後遺症や肩こり・腰痛でお悩みの方◆~~~

     まなて接骨院までお気軽にお問合せ、ご来院ください!
 
     骨盤矯正やテーピング等もお任せください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿者 まなて接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アクセス

〒252-1132
神奈川県綾瀬市寺尾中1-1-40
PAT綾瀬1F

アクセス

tel

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

tel

フォームでのお問い合わせ